本文へ移動

園長あいさつ

園長あいさつ

新入園児、進級児へのお祝い

 雪が解け、園庭の梅のつぼみも膨らむ季節となりました。新しく入園・進級された皆さん、おめでとうございます。また、保護者の皆さまにも心よりお祝い申し上げます。

 新入園児の皆さんは、初めてご両親より離れ、集団生活をすることに期待と不安を抱きながらのご入園となります。一日も早く園生活に慣れ、仲良く遊べる友達を見つけ楽しく登園できることを望んでいます。 進級された子ども達も大きな希望と喜びで一杯だと思います。

 一人の人間がその人格を形成する過程において、幼児期の教育・保育が非常に重要視されています。当園では、「教育・保育理念」として「心身ともにたくましく思いやり豊かな子」を望み。日々、子どもの健全な心身の発達を図りつつ、生涯にわたる人格形成の基礎を培うために適切な環境(物的、人的)を与え、教育及び保育を一体的に行い、保護者に対する子育て支援を総合的に提供いたします。

 

①【知育】児童心理学者の巨人と言われるスイス生まれ、ジャン・ピアジェ理論教育を基に自分で考えて、自分で発見して自ら伸びていく力を育て、想像力を高め子ども達の夢や無限の可能性を引き出す。

②【徳育】基本的生活習慣への援助、子ども同士のルール作りを通して、話し合いをしながら相互の道徳を向上させる。栽培活動を通して、自然に触れる機会を与え、自然の恵みに感謝する心を持ち、豊かな感性と生命を尊ぶ子を育む。

③【体育】雨天時を除き、毎日外での体操・マラソン・サッカー・鉄棒・自由遊びを通して、基礎体力を養い心身ともにたくましい子を育成。

④【食育】食育に欠かすことのできない給食では毎日新鮮な食材を仕入れ、美味しく喜んで食べられるように、栄養バランスを考慮し創意工夫した献立作り、また食を通して生命を頂く事への感謝する心を養う。

⑤【社会力】克雪ドームでの運動会、オルテンシアでのおゆうぎ会、施設慰問、新春書初め大会参加等々、また老人との触れ合い体験を通して、思いやり豊かな子を育む。

 

 当園の玄関前には、園名のゆらいである、「すくすくと伸びよ若芽よ実とふとれ」と書かれた額があります。この願いをもとに、職員一同研鑚を積み重ね、誠心誠意、教育・保育に邁進する所存です。子ども達はこれから様々な事を体験し、多くの事を学び日々成長を積み重ねていきます。その健やかな成長のためには、認定こども園なおみ園とご家族の皆さまが一体となって子ども達を見守り、援助していくことが大切です。今後ともご支援・ご協力の程、宜しくお願い申し上げ、新入園児・進級児の大きな成長を望みお祝いの言葉と致します。

 
 平成31年4月1日 認定こども園なおみ園 園長 一戸義雄 

社会福祉法人照輝会
認定こども園 なおみ園

〒037-0024
青森県五所川原市みどり町
4丁目126番1
TEL.0173-34-7888
FAX.0173-34-9293

0
3
1
2
9
8
TOPへ戻る