本文へ移動

ピアジェ教育

ピアジェ教育

なおみ園で実践しているピアジェ教育について知っていただくコーナーです。当園で使用している教材「ぺたぺたシールあそび」はピアジェ理論に基づいた、子供の世界を大きく広げる教材です。

  ピアジェ理論とは
ピジェ理論は幼児教育の基礎理論です。
 ピアジェ博士(Jeanpiaget 1896〜1980)はスイスの心理学者でいろいろな実験を通して0歳から15歳までの知能の発達段階を世界で初めて科学的に明らかにし、体系化しました。その理論は幼児教育の重要な基礎理論となっており1970年以降世界的に「教える教育から子供自身が考える教育へ」、「詰め込み教育から創造的教育へ」転換されたものもピアジェ理論が基になっています。

かず*ことばぺたぺたシールあそび

5歳児さんのピアジェ
4歳児さんのピアジェ
3歳児さんのピアジェ

ぺたぺたシールあそびの特色

この教材は幼児一人一人がシールをつけたりはがしたりといった活動を通じて、その操作活動が内面化して、思想の操作につながっていくように工夫されています。

言葉で指導していても理解できない幼児が教材を操作する中で、試行錯誤を繰り返しながら言葉の意味を理解し、答えが一つだけでなく、いろいろな判断ができるようになっていて、柔軟な思考を育てることができます。

幼児の発達段階に合わせて体系化され、どの単元も楽しくあそびながら、考える世界へと導けるようになっています。
さらに、他の分野にも働きかける要素が含まれ、応用範囲が広くなっています。

一つの知的操作を獲得すると、言語や絵画面や数値判断へも自発的に応用され、幼児の知能は確かな足どりで発達していきます。そして思考活動を活発にするとともに、論理的思考を育てる基礎づくりにもなります。

社会福祉法人照輝会
認定こども園 なおみ園

〒037-0024
青森県五所川原市みどり町
4丁目126番1
TEL.0173-34-7888
FAX.0173-34-9293

0
3
1
2
9
6
TOPへ戻る